La vida es Bella

おもうままきままあるがまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タマシイが叫んでる

0

昨日から坊主がパパの住んでる長野に
一泊で遊びに行った。
いろんな事件(?)が立て続けにあって
坊主といるとピリピリしてしまいがち。
久しぶりにお嬢と二人で晩酌🍷
いろんな話をした。

久しぶりに6時間以上眠れた。

お嬢が反抗期真っ盛りのときは
正直ココロの底から憎いとさえ思えるほど
疎ましく感じてたのに
人間ってのはホントにゲンキンだなあ😅

今日は朝からお嬢はバイト。
オカンは陶芸教室に行ったあと
お友だちが出店するマルシェにGO!



ここでいろんな出会いがあったんだけど

カードリーディングをされる方がいて
坊主のことをみてもらったの。

「息子が私にだけ攻撃的なので困る」

というようなことだけ伝えたら
私の顔の少し上のあたりを見つめて

「息子さんはずっと"お利口さん"をやって生きてきたんです。それにもう疲れてしまっています。とても甘えたい、それもお母さまに。それは世間でいう普通ではないかもしれない。マザコンとかそういうことではないんです。彼の魂レベルで必要なことなんです。それにきちんとお母さまが向き合わない限り息子さんの暴走は長引きます。それが結果的にお母さまの仕事や日常にも悪影響を与えます。過剰なくらいスキンシップをしてあげてください。それが、お母さま自身の幅を大きく広げることになるでしょう。」



簡潔に書くと
こんな感じのことを言われて


中1の夏休みまで一緒にお風呂入ってて
坊主にとっちゃ当たり前だったんだろうけど
オカンとしてはこりゃマズいだろ💦って
先にお風呂に入っちゃったりして
意識的に距離を置いていったことを
思い出して、いろいろ腑に落ちた。

坊主にはまだオカンとべったり❤️な
時間が必要だったのに
世間一般の「男の子はこうでないと」
みたいな尺で距離を置いたのが

攻撃というカタチで
猛烈なストライキを起こさせてしまった。



怖いから
モメるから

できるだけ一緒に過ごさないように、と
心がけていたんだけど
そうやってやり過ごそうという「逃げ」は
坊主の魂にはお見通しなんだな。

逃げたらその期間がただ伸びる。

そうハッキリ言われてハッとした。

自分が向かい合うのを避けようと
逃げようとしてたことに気づいてしまった。

何が正解かわかんないけど

少なくとも今の坊主には
オカンの愛が一番の特効薬だと思って
5歳児のつもりで愛そう、と決意した夜。
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。