La vida es Bella

おもうままきままあるがまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生はネタだらけ

0



この春受験生になる坊主が
リビングのドアのガラスを割りました。

正確には

荒れるとモノに当たりやすい性分の彼が
怒りとイライラに任せて
ドアを思いっきりバンって閉めた結果
その衝撃でヒビが入った、のですが。





赤ちゃん期からお世話になった
◯どもチャレンジの赤ペン
中1で辞めるまでの
すべての努力賞ポイントをゲット。

何度か退入会を繰り返していた
5歳違いのお嬢を見ていたので
◯◯ゼミの会員全員が
みんな坊主のように赤ペンを提出し
努力賞ポイントのプレゼントをもらったら
きっと儲からないんだろうなあと
思っていたものです(笑)

幼稚園からやっていたそろばんも
転校してきて入った教室が
先生がご高齢のため閉鎖されたので
続けられなくなってしまい
どうするかなあと思っていたら
楽天で問題集を買って自主練を重ね
珠算は準三段、暗算は初段を取りました。

水泳も自分自身で自分の限界だと
思うところまでやりきっていたし
少年野球も小3から始めて
幼稚園からやってるようなメンバーの中で
卒団までよくがんばりました。
ちなみに親もがんばりました🤣

ホントに親バカですが
努力家でマジメな坊主のことを
誇りに思っています。

ですが

当の本人はというと

自己評価が低く
自己肯定感が低く
自意識過剰

まるで
エヴァの碇シンジくんを見てるようです🤣

現在の彼にとっての「社会」は
学校と家と塾というとても狭いもの。
その中が彼にとっての「すべて」なので
仕方がないとは思うのですが

小中学校って学区という括りで
住まいが近いいわゆる地元の子たちが
それこそ雑多に集められた集団なので
いい意味でも悪い意味でも
適応力や柔軟性が必要になります。

でも、正直なところ
イヤなヤツとうまくやる、って
かなり高いスキルが要求されますよね?

碇シンジくん的なウチの坊主は
そこがまだまだ弱いんですね💦




「ヒトは見かけが100%」

毅然として堂々としている必要はない。
毅然として堂々として見えるふるまい
をすればいい。

ホントの中身はオドオドしたり臆病でも
見た目が「それっぽい」と
周りには「それっぽく」見えるので

毅然として堂々として「見せる」こと

そうすればイジり甲斐がないので
自然と向こうから寄りつかなくなるよ。

そういうことをパパが坊主に伝えてました。


ドアのガラスにはテープを貼りました。
修理はたぶんしないと思います。

坊主からはまだ詫びの言葉はありませんが
私は何もなかったように接しています。

でも

リビングのドアを開け閉めするたびに
彼は昨日のことを思い出すはずで
そのたびにちょっとずつちょっとずつ
何かを感じたり考えたりするでしょうから

心の中できっと謝っていると思います(笑)
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。